第23回世田谷区アクアスロン大会【感想&結果報告】

大会レビュー

第23回世田谷区アクアスロン大会の感想について綴ります。

この大会、何と驚くことに!参加費がたったの

1,500円!!!

安すぎる。
アクアスロン大会は、1万円近くするものもあります。

1,500円の大会、一体どんな大会だったのでしょうか?

大会概要

世田谷区アクアスロン大会
  • 大会概要
大会名第23回世田谷区アクアスロン大会
開催地世田谷区総合運動温水プール・陸上競技場
開催日2022年9月23日(金・祝)
  • 競技距離
Aタイプスイム:300m  ラン:3.1㎞
Bタイプスイム:200m  ラン:2.1㎞
Cタイプスイム:100m  ラン:1.2㎞
Dタイプスイム:100m  ラン:1.2㎞
Eタイプスイム:50m  ラン:1.2㎞
Fタイプスイム:50m  ラン:1.2㎞
Aタイプは、一般、B~Fタイプは、小学生~中学生及び親子ペア

Aタイプに出場しました。

競技会場について

世田谷区総合運動場には、初めていきましたが、かなり大きな運動施設でした。

主な施設

・体育館
・弓道場
・武道場
・エアーライフル場
・トレーニングルーム
・テニスコート
・陸上競技場
・野球場
・洋弓場
・温水プール

なんでもできる、世田谷区民の憩いの場なのでしょう。
大会当日も、野球やテニスをしている人、散歩をしている人など、たくさんの人がいました。

有名な選手のサインもたくさんありました。

サイン

・桃田賢斗(バドミントン)
・阿部一二三(柔道)
・ケンブリッジ飛鳥(陸上)
・池江璃花子(水泳)
・瀬戸大也(水泳) など

めちゃくちゃ有名な選手ばかりです!!!

また、東京2020大会では、アメリカ合衆国選手団のトレーニングキャンプ地にもなったようです。
こんな立派な施設が世田谷区にあるとは知りませんでした。

スイム会場

スイム会場

立派なプールです。

ランコース

ランコース

総合運動場内コースと

陸上競技場

陸上競技場を走ります。

大会当日

本当は仕事を休みたかったんですけど、仕事の都合上、午後からの出勤となってしまいました。
なので、日程としては、午前中アクアスロン、レース後出勤というスケジュールです。
濃密な1日となりました。

自転車で競技会場に向かいます。
片道、約10㎞程度でした。

朝9時頃、会場到着。
ローカルな大会ですが、受付会場には、たくさんの選手がいます。

選手受付

ファミリー層が多い印象でした。

選手受付を済ませ、参加賞をもらいます。

参加賞

・トランジションバック
・アミノバイタル顆粒2本
・スイムキャップ
・チラシ

選手受付時に500mlの水、完走後にスポーツドリンクもありました。
参加費1,500円を考えると十分すぎます。

競技開始

スタート前

ローカル大会だと侮っていたことを反省です。
屈強な男たちばかりです。みんな速そうです。
参加者の過半数がトライウエアを着ていました。

スタート

5秒ごとのローリングスタートでした。
1人ずつなので緊張します。周りがみんな速そうで心細かったです。
ファーーーンの音で1人目の選手がスタートです。
その後は、審判員のカウントダウンで1人ずつスタートでした。

スイム

300mだけです。
いきなりトップスピードで泳ぎました。
試泳は、やっていません。
案の定、

キツイ、キツイ、キチイィィィ…

・・・・・

50m泳いで呼吸が荒くなり、
100mぐらい泳いで限界を感じ、、
150mぐらい泳いだところで、バタ足をほぼ止めました…

・・・・・

後続の選手に抜かれました。
しかも、2人に抜かれてしまいました。
5秒ごとなので10秒差を埋められたわけですね。

その後は、腕の力を中心に頑張り、前を泳いでいた人を1人抜いてスイムアップ。
ガチ勢多くね?と疑問が確信へと変わり、心が折れかけに…
なぜなら、この後は、トレーニング不足感が否めないランです。

トランジション

本大会では、プールサイドとトランジションエリアでは歩かなければいけません。

大会スタッフが
「歩いてくださーい」
と声掛けをしてくれています。

トランジションエリアを歩いていると、後ろから選手がダッシュをして抜いてきました…(気持ちはわかる)
つられて少し走ってしまったのは内緒ということで…

自分は、水着で泳いでいたので、シャツを着なければなりません。
ゴムひもが事前に配布されていたので、ゼッケンベルトも使用しませんでした。
なので、シャツを着て、靴下をはいて、靴を履いて、ゴムひもを腰のところで結ばなければなりません。
体を拭かずに直接シャツを着ようとしたので、シャツが体にへばりつく、
ゴムひもを上手く結べない、
慣れないことはするもんじゃないですね。

少しタイムロスをしてランへ

ラン

たった3.1㎞です。
スピード勝負!ぐいぐい突っ込もう!

100mぐらい走ったところで、そんな気持ちもどこへやら…

キツイ、キツイ、キチイィィィ…

・・・・・
うーん、デジャブ、

完全にトレーニング不足です。
バンバン抜かれます。
何人に抜かれたのかわかりません。
しかし、歩くことなく最後まで頑張りフィニッシュ!

フィニッシュゲート

いつかトップ選手の仲間入りを果たしたいものです。

15位(39歳以下)22分44秒

レース後

素早く片づけを済ませ、
自転車にまたがり、帰路につきました。
シャワーを浴びて出勤です。
往復約20㎞、1人ショートトライアスロンですね。

感想

思っていた以上にレベルの高い大会だったと思います。
自分のゼッケン番号の周りの選手は、屈強な男ばかりでした。
ローカル大会、侮ることなかれです。

また、大会スタッフもたくさんいて非常にスムーズな大会運営でした。
競技場には、一般利用されている方々もたくさんいましたが、全く気になりませんでした。

競技場の施設もきれいでよかったです。

素晴らしい大会をありがとうございました。

なんといっても参加費1,500円が凄すぎる!
参加費1,500円としては、十分すぎる大会でした

リザルト

世田谷アクアスロンのリザルトは、ハガキでの通知のようです。

ネットには掲載されないのかな?

しかし、何人いての順位なのかが分からない…あと、スイムとランのタイムも分からない…

いっか!たぶん下の方だし!!!(これくらいのメンタルがちょうどよい)

記録 22分44秒

安いので来年も参加したいです。

タイトルとURLをコピーしました