トライアスロンはモテる?モテない?【トライアスロンと恋愛】

トライアスロン

トライアスロンはモテるのか?モテないのか?
世の男性トライアスリート達にとって重要な問題である。
なぜなら、

モテる男だけに世の中の女性の多くの興味は集まる。

そして、そうでない男には、女性からの興味は、ほとんど向けられない。

引用元:「男の色気」のつくり方/潮凪洋介/あさ出版

恋愛経験の多い男は、たくさんの女性を抱き、そうでない男たちは、女性と付き合う機会さえない。
世の男たちにとって恋愛とは、まさに弱肉強食の世界なのである

そんな弱肉強食の世界で、女性の興味を集めるために何らかのスポーツを始めた男は、多いのではないだろうか。
そのスポーツがトライアスロンであった場合、果たして女性にモテるのだろうか。

実際のところを語っていこうと思う。

モテるのか?モテないのか?

モテるイメージ画像

ウエットスーツに身を包んだアスリートたちが大自然の中を泳ぎ、自慢の愛車にまたがって颯爽と風を切りながら自転車を漕ぎ、満身創痍の中をゴールに向かって走りぬく、かっこいい。

過酷なスポーツとして知られるトライアスロンは、女性にモテると言っていいだろう

ただし、人による

ボッチトライアスリートである筆者は、トライアスロンが直接的な要因として女性と恋仲になったことはない。
しかし、トライアスロンをやっていたおかげで、男としてモテる要素を手に入れることができた
そのモテ要素を紹介しよう。

トライアスロンのモテ要素【6選】

モテ要素① 鋼のボディ

スイム、バイク、ランの三種目を行うトライアスロンは、全身の肉体がバランスよく鍛えられる。
全身の筋肉がバランスよく鍛え抜かれ、かっこいい肉体を手に入れることができる
また、トライアスロンは、夏の暑い時期に屋外で行うことが多い競技である。
健康的に焼けた黒い肌は、モテ要素の一つと言えるだろう

モテ要素② 屈強なメンタル

トライアスロンは、肉体的にも精神的にもハードであり、忍耐力の問われるスポーツである。
屈強なメンタルは、カッコイイ男でいるために必要不可欠である
また、トライアスロンの競技力を高めるためには、日々のトレーニングが欠かせない。
忙しい日々の中で、トレーニングをするための時間を捻出する、自己管理能力の高い男になれる
トライアスロンを通じて、自己管理のできるカッコイイ大人になれるのだ。

モテ要素③ 激しい情熱

トライアスロンは純粋に楽しい。三種目あるから、楽しさも三倍だ。
楽しいこと、嬉しいこと、ドキドキしたことをイキイキと話せることは、モテ要素といえるだろう。
モテる男は、自分の趣味に情熱をそそぎ、その熱いオーラをいつも体に漂わせている
男としての魅力、フェロモンが噴き出している。

モテ要素④ 底なしの体力

ハードなスポーツであるトライアスロンをすることで、体力が向上する。
激しいパワーといつまでも体を動かし続ける持久力を手に入れることができる。
その底なしの体力は、女性を肉体的にも満足させることができる
その快楽を味わった女性は、トライアスリートにベタ惚れすること間違いない。

モテ要素⑤ 湧き出す活力

トライアスロンは、体を動かし続けるスポーツである。
やればやるほど体力は向上し、活動的になっていく。
心身ともに活発になり、日々を有意義に過ごすことができる。
活発的でエネルギッシュな男はモテること間違いない

モテ要素⑥ 高い経済力

トライアスリート達の平均年収は約一千万円と言われている。
多くの道具や機材を必要とするトライアスロンをするためには、高い経済力が欠かせない。
また、トライアスロンを趣味にしている人には、経営者や仕事のできるビジネスマンが多いと言われている。
お金のかかるトライアスロンを趣味にしているということは、高い経済力の証明でもあるのだ。
しかし、中には貧乏トライアスリートも存在するので女性は要注意だ!

トライアスロンには、多くのモテ要素があるが、トライアスロンが直接的な要因となって女性と付き合うことはなかった
その理由についても考察してみよう。

トライアスロンの非モテ要素【3選】

モテないイメージ画像

モテない要素① お金がかかる

トライアスロンは、お金がかかる。
趣味にお金をかけまくる男は、女性にとっては地雷だ。
トライアスロンに必要な道具、機材はピンキリであり、お金をかけようと思えば、際限なくお金を使うことができる。
自分のパートナーが趣味にどハマりしてお金をつぎ込むことのヤバさは、想像に難くない

モテない要素② 一緒に楽しめない

トライアスロンは楽しい。
トライアスロンの競技力を高めるためには、日々のトレーニングが欠かせない。
時には、愛する彼女よりもトライアスロンを優先するだろう。
趣味を優先してしまう男は、女性に振られてしまうのがオチだ
しかし、それこそが真のトライアスリートであり、誠の男であると思っている。
だからモテないのだ。

モテない要素③ マイナー

トライアスロンは、残念ながらマイナースポーツである。
サッカーや野球のように華やかではない。
サーフィンやスノーボードのようにイケてもない。
テレビ中継もなければ、試合を観戦する機会もほぼない。
女性のとっつきにくいスポーツだと言えるだろう

結論

トライアスロンはモテるのか?モテないのか?
それは、トライアスロンをやっている人によると言えるだろう

自分の趣味について長々と語ったり、自慢したりしてしまっては、痛い男になってしまう。
自分の趣味にお金をかけまくっていると、女性は離れていってしまう。

トライアスロンというモテ要素のある素晴らしい趣味を生かすも殺すも、その人次第
魅力的なトライアスリートになるために共に頑張ろう!

タイトルとURLをコピーしました