泳ぐのに適した海水温は?【トライアスロン経験者が語る】

スイム

泳ぐのに適した水温は、何度なのでしょうか?
本記事では、トライアスリート視点から、泳ぐのに適した水温について考察していきます。

泳ぐのに適した海水温

トライアスロンを趣味としている私の結論として、

泳ぐのに適した水温は25℃前後

といえそうです。

トライアスロン初心者は、水温25℃前後の大会から始めるとよいでしょう

水温と感じ方

水温によって、冷たい・暖かいと感じ方が異なります。
水温の感じ方をまとめました。

水温と感じ方
※不感温度とは、熱くもなく冷たくもない温度のこと

競泳に適した水温は、25℃~28℃

水温の基準について

海水

下記の4つの団体の水温に関する基準について紹介します。

文部科学省
公益社団法人日本プールアメニティ協会
公益財団法人日本水泳連盟
社団法人日本トライアスロン連合

文部科学省

低学年や初心者ほど水温に敏感で、一般的に22℃未満ではあまり学習効果は期待できません。そのため、水温は23℃以上であることが望ましく、上級者や高学年であっても22℃以上の水温が適当といえます
水温と気温の差は、水温が若干低くても気温が高ければ不快感は少ないし、反対に水温が高くても気温が低ければ快適ではありません

文部科学省(学校体育実技指導資料代4集「水泳指導の手引き(三訂版)」より抜粋)

公益社団法人日本プールアメニティ協会

プールの水温は22℃以上が目安ですが、遊泳に適する水温は26℃~31℃です。気温は水温より高めで風がないことが理想的です。室内プールでは29℃~31℃が適温です

公益社団法人日本プールアメニティ協会より引用

公益財団法人日本水泳連盟

水温は16℃以上31℃以下とする
OWS競技会において水温が20℃以上ある場合、男性、女性、両者の水着は、首を覆ったり、肩を超えたり、足首を超えてはならない。
水温が18℃以上20℃未満のOWS競技会においては、水着もしくはウェットスーツを着用できる。水温が18℃未満の場合は、ウェットスーツの着用を義務とする。

公益財団法人日本水泳連盟(オープンウォータースイミング競技規則より抜粋)

社団法人日本トライアスロン連合

ウェットスーツ着用基準

スイム距離着用着用義務水温基準制限時間
1500m以下推奨18℃以下1時間10分
1501~3000m推奨20℃以下1~2時間
3001~4000m推奨22℃以下2~2時間30分
(3)その他の大会・部門
社団法人日本トライアスロン連合(競技規則より抜粋)

各団体の基準から分かる適温

プール 
22℃以上、26℃~31℃が適温

オープンウォーター
16℃~31℃で競技実施可能、気温・水温から判断して距離の短縮、スイムの中止が行われる

経験談

水泳

九十九里トライアスロン(2021年10月31日)

気温15℃
水温19℃
距離1.9㎞
時間1時間程度

ウェットスーツを着用しました

大会当日は、曇り、気温15℃。

とにかく寒かった

ということはよく覚えています。

水温19℃。冷たい。

ウェットスーツの露出部分が冷えて辛かったです。(主に顔)
大げさに書くと、ケガをしていないのに、顔面に氷水を当て続けられている感じ。

もうそれはそれはつらかったです。
ミドルディスタンスだったので、1.9㎞
時間にして、なんと1時間近くかかってしまいました。
体の芯から冷え切っています。

スイムアップ後、太ももとふくらはぎが攣って、まともに動けませんでした。
その場に座り込み、体を震わせて凍えていると、大会スタッフに休憩所に案内されました。
すでに10人程度の選手が凍えていました。(リタイアした人も多かったかと思います)
サバイバルシートで体を覆い、お湯をもらって体力の回復を待ちました。
サバイバルシートのあたたかさに感動したことを覚えています。

凍えた後続の選手も増えてきて、大会スタッフからの無言の圧力(リタイアするかレースに行け)を感じつつ(たぶん)、
体力の回復に努めました。

リタイアも頭をよぎりましたが、約4万円も払ってリタイアするなんて、自分の貧乏魂が許さず、10分程度休んだ後、トランジションエリアに向かいました。

自分のトライアスロン経験上、一番追い詰められた記憶です。

  • スイムアップ後、身体が動かない、ふるえる
  • トランジションエリアまで走っていられない、座り込む
  • 思考がぼんやりする、リタイアが頭をよぎる

水温19℃だと、私レベルの趣味トライアスリートでは、2㎞前後が限界でしょう

第8回東京湾アクアスロン大会(2022年11月20日)

気温13℃
水温15℃
距離900m
時間20分程度

ウェットスーツを着用しました

九十九里トライアスロン2021のときほど追い詰められませんでした。
というか、どちらかというと余裕でした。

900mで20分程度ですから。

しかし、これ以上泳ぐとなると話は別だったでしょう。
スイムアップ後、すでに手の感覚が弱まり、手の動きが鈍くなる等、軽度の低体温症の症状が見られました。

  • 入水直後、呼吸が過呼吸気味になる
  • ウェットスーツの露出部分が冷える
  • 軽度の低体温症(さむけ、手の動きが鈍くなる等)

水温15℃だと、私レベルの趣味トライアスリートでは、1㎞前後が限界でしょう

第1回東京・海の森アクアスロン大会2022(2022年7月17日)

気温30℃
水温25℃
距離1000m
時間20分程度

ウェットスーツを着用しました

これくらいの気温・水温だと全く寒さは感じず、むしろ、ウェットスーツを着ると暑く感じます。
水の中は気持ちよく感じるでしょう。
初心者の方は、これくらいの水温の大会から始めるとよいかもしれません。

水温25℃だと、私レベルの趣味トライアスリートは、最高に気持ちよく泳げるでしょう

まとめ

水温まとめ

トライアスロンを趣味としている私の結論として、

泳ぐのに適した水温は25℃前後

といえそうです。

ウェットスーツを着用している前提で考えています

競技規則や私の経験談からもわかるように、泳ぎやすさには、水温だけではなく、気温も大きく影響します

初心者トライアスリートは、7月~9月頃のトライアスロン大会から始めるといいかもしれませんね。

この記事を書いた人

【自己紹介】
東京在住 アラサー
トライアスロン歴5年
小学校教諭時代にトライアスロンを始める。
仕事が忙しく、なかなかトレーニングができなかったため、退職。
現在は、サラリーマンとして働きつつ、トライアスロンをエンジョイ!
「レッツ!エンジョイ!トライアスロン!」
プロフィール詳細はこちら

ゆっくりトライアスロンをフォローする
スイム
ゆっくりトライアスロンをフォローする
スポンサーリンク
レッツ!エンジョイ!トライアスロン!
タイトルとURLをコピーしました