トライアスロンに筋トレは必要なのか?【鍛えるべき筋肉について】

トレーニング

トライアスロンに筋トレは必要なのか?

筋トレをして体重が重くなってしまうと、持久系スポーツでは、不利になってしまう。
トライアスロンは、持久系スポーツだから筋トレは、そこまで重要ではない。

このように考えているトライアスリートも多いのではないだろうか。
そして、筋トレを軽視しているのではないだろうか。

実際のところ、トライアスロンに筋トレは必要なのか?

結論から言うと、必要である
トライアスロンのパフォーマンス向上のためにも、積極的に筋トレをすべきだ
そして、効果的に競技力を向上させるために、筋肉についての知識を深めるべきだ。

鍛えるべき筋肉

スイム、バイク、ランの各種目のトレーニングをしているだけでも、必要な筋肉は少しずつ鍛えられていく。

しかし、ただ延々と泳いだり、漕いだり、走ったりしただけでは、なかなかパワーパップしない筋肉もある
実体験をもとに、それらの筋肉をピックアップした。
それぞれの競技において重要な筋肉であるが、有酸素運動だけでは、なかなか鍛え辛い箇所だ。
トライアスロンのパフォーマンス向上のためにも、積極的に鍛えていこう。

スイム

肩や背中の筋肉は、クロールをするうえで重要であるが、意識しないと鍛え辛い上腕三頭筋は、肘を伸ばして水を押し出すのに使う筋肉だが、ほとんど使えていない人も多い

三角筋(さんかくきん)

三角筋

「投げる」ことに関係の深い筋肉であり、投擲系のスポーツでは特に重要視される。腕立て伏せやベンチプレスなどを行うことでも十分に鍛えられる筋肉であるが、専門的な筋力トレーニングを必要とするのであればフロント・レイズ、サイド・レイズなどのレイズ系の種目、もしくはショルダー・プレスなどが有効。

引用元:Wikipedia(三角筋)

〇フロント・レイズ


〇サイド・レイズ


〇ショルダー・プレス

僧帽筋(そうぼうきん)

僧帽筋

人間の背中の一番表層のある筋肉である。

引用元:Wikipedia(僧帽筋)

〇ダンベルシュラッグ

広背筋(こうはいきん)

広背筋

背部の筋肉の棘腕筋(きょくわんきん:背部の筋肉のうち、背部浅層にある筋肉の総称)のうち、下方に三角形をなす筋肉である。

引用元:Wikipedia(広背筋)

〇ベントオーバーロウ

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)

上腕三頭筋

人間の上肢の筋肉。腕を伸ばしたときによく浮き出る筋肉である。

引用元:Wikipedia(上腕三頭筋)

〇リバースプッシュアップ


〇ダンベルキックバック

バイク

大腿四頭筋は、自転車を漕いだり、走ったりすることで比較的、筋力が向上しやすいが、ハムストリングや大臀筋は、意識しないとなかなか鍛えられない

ハムストリング

ハムストリング

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半膜様筋(はんまくようきん)、半腱様筋(はんけんようきん)の3つの大腿後面にある筋を合わせてハムストリングという。下肢の動きづくりや運動能力に大きく影響する部分であるとされている。しかし、トレーニングが難しく、肉離れなどの故障を起こしやすく、一度故障すると癖になってしまう場所として知られている。

引用元:Wikipedia(ハムストリング)

〇レッグカール

大臀筋(だいでんきん)

大臀筋

臀部(尻)に存在する筋肉のうちの1つで、その名の通り殿筋の中で最大の筋肉である。

引用元:Wikipedia(大臀筋)

〇レッグプレス

ラン

内転筋は、走るうえで足の着地の安定にとって重要であるが、鍛えるのが難しい部位である

内転筋(ないてんきん)

内転筋

股関節を内転または、はさみ込む動作に関連している。歩行や走行、…(中略)…動作に関わり、競技やスポーツにおいて非常に重要な筋肉である。その反面、鍛えることが難しく、肉離れ等で痛めやすいデリケートな部位でもある。

引用元:Wikipedia(内転筋)

〇マシンアダクション

さいごに

筋肉について知ることは、確実に競技力の向上の手助けとなる
持久系スポーツだからといって、筋トレを軽視しないことだ

また、筋トレには、様々なメリットもある。
筋トレをすることで、自分の体が目に見えて引き締まっていく。
筋トレは、トライアスロンのトレーニングの刺激にもなる。
天候の問題で、ランやバイクが難しいときにも、筋トレは室内で手軽に行うことができる。

そして、筋トレは楽しい

筋トレにハマりすぎて、有酸素運動が疎かにならないように気を付けよう。

タイトルとURLをコピーしました