トライアスロン初心者向け有名自転車メーカー【20選】

バイク

トライアスロンを始めるときの一番高いハードルとなるのがロードバイクの購入ではないだろうか。
ロードバイクの値段には、5万円程度のものから200万円を超えるようなものまである。
簡単に買うことができる値段ではない。とても勇気のいる買い物なのだ。

だからこそ、トライアスロンを始める前に、自転車のメーカーを知っておくべきだろう。
きっと自分の気に入るブランドが見つかるはずだ。

トライアスロンの大会に何度も出場したことがある私が、それぞれのブランドに持っているイメージとともに自転車メーカーを紹介していきたいと思う。

ANCHOR(アンカー)

https://www.bscycle.co.jp/anchor/(出典)

海外勢が幅を利かせている自転車業界だが、大会などでもちょくちょく見かけることのできるメイドインジャパンのブランド。
日本人の体格に最適な自転車を生み出している。親会社は、タイヤで有名なブリヂストン。

ARGON18(アルゴンエイティーン)

https://www.argon18bike.jp/(出典)

カナダブランド。なぜかカナダの自転車は、トライアスロンに強いイメージがある。
後で紹介するcervélo(サーヴェロ)と双璧をなすカナダの自転車メーカー。

Bianchi(ビアンキ)

https://www.japan.bianchi.com/(出典)

世界最古の自転車メーカー。ビアンキを象徴する「チェレステカラー」という独特の青緑色がおしゃれ。
「チェレステ」とは、イタリア語で「天空」の意味らしい。

BMC(ビーエムシー)

https://e-ftb.co.jp/bmc/(出典)

スイスのブランド。
漫画「弱虫ペダル」の主人公が乗っている自転車というイメージ。

cannondale(キャノンデール)

https://www.cannondale.com/ja-jp/(出典)

アルミ製のバイクの性能が優れているアメリカのブランド。「カーボンキラー」でも有名。
ちなみに東京から大阪までの約550㎞を自転車で24時間以内に走りきることを「キャノンボール」という。

CANYON(キャニオン)

https://www.canyon.com/ja-jp/(出典)

ドイツのメーカー。オンライン注文の直販のみでコスパがいいイメージ。
しかし、自転車をオンラインで購入するのは、値段が値段だけに勇気がいる…

cervélo(サーヴェロ)

https://www.cervelo.com/ja-JP(出典)

トライアスロンの大会でよく見かける。めっちゃ速くて高価なイメージ。
前に紹介したARGON18(アルゴンエイティーン)と双璧をなすカナダのブランド。

COLNAGO(コルナゴ)

https://www.colnago.co.jp/(出典)

高級スポーツカーメーカーのフェラーリ社と共同でカーボンフレームの開発を行ったイタリアのブランド。
ブランドのロゴがトランプのクローバーに見えるのは私だけではないハズ…

DE ROSA(デローザ)

https://www.derosa.jp/(出典)

シンボルの赤いハートマークがとってもキュート。
高価な自転車が多いイメージ。イタリアのブランド。

FELT(フェルト)

https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/(出典)

「フレームの魔術師」と呼ばれるアメリカのジム・フェルト氏によって創設された。
トライアスロンの大会でもちょくちょく見かける高品質なブランド。

FOCUS(フォーカス)

http://www.focus-bikes.jp/(出典)

比較的新しいドイツのブランド。
「レースの世界で勝つことができる自転車を開発する」ことがコンセプト。

FUJI(フジ)

https://www.fujibikes.jp/(出典)

フジと聞いて富士山を連想し、日本のメーカーかと思ったら、実はアメリカのブランド。
しかし、かつては「日米富士自転車株式会社」という日本の自転車メーカーだった。複雑な歴史のあるブランド。

GIANT(ジャイアント)

https://www.giant.co.jp/(出典)

街中でよく見かける台湾のメーカー。言わずと知れた、世界最大手の自転車メーカー。
ビギナーからプロレーサーまで世界中で愛されている。コスパがいい。

GIOS(ジオス)

https://www.job-cycles.com/(出典)

ブランドのロゴに五輪マーク。シンボルカラーである鮮やかな「ジオスブルー」。
スタイリッシュで街乗りにも映える、イタリアのメーカー。

LOOK(ルック)

https://www.eurosports.co.jp/(出典)

フランスでスキー用品のメーカーとして設立。実は、ビンディングペダルの生みの親。
高級メーカーであり、憧れのブランド。

MERIDA(メリダ)

https://www.merida.jp/(出典)

GIANT(ジャイアント)に次ぐ世界第2位のビッグブランド。
台湾の自転車メーカーは、コスパがいいイメージがある。

PINARELLO(ピナレロ)

https://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/(出典)

イタリアの自転車メーカーの代表格。
イタリアには、おしゃれなロードバイクのメーカーが多い。

SCOTT(スコット)

https://www.scott-japan.com/(出典)

スキー用のストックメーカとして創業。スイスのブランド。
自転車メーカーとしてのイメージが強いが、スキー用品の世界最大手の一つ。

SPECIALIZED(スペシャライズド)

https://www.specialized.com/(出典)

アメリカのビッグブランド。世界屈指のレーシングブランド。私の愛車もスペシャライズド。
中でも「S-WORK」は、超高品質。「Innovate Or Die」(革新を、さもなくば死を)がスローガン。

TREK(トレック)

https://www.trekbikes.com/(出典)

アメリカのロードバイク御三家(Cannondale・SPECIALIZED・TREK)の中でもNo.1シェアを誇るブランド。
エントリーモデルからハイエンドまで、多様なニーズに対応している。

まとめ

ロードバイクには、実にたくさんのブランドがある。
それらについて調べるのもトライアスロンの楽しみの一つである。
お気に入りのブランドを見つけて、自分の愛車を手に入れよう!

この記事を書いた人

【自己紹介】
東京在住 アラサー
トライアスロン歴5年
小学校教諭時代にトライアスロンを始める。
仕事が忙しく、なかなかトレーニングができなかったため、退職。
現在は、サラリーマンとして働きつつ、トライアスロンをエンジョイ!
「レッツ!エンジョイ!トライアスロン!」
プロフィール詳細はこちら

ゆっくりトライアスロンをフォローする
バイク
ゆっくりトライアスロンをフォローする
スポンサーリンク
レッツ!エンジョイ!トライアスロン!
タイトルとURLをコピーしました