第8回東京湾アクアスロン大会【感想&結果報告】

大会レビュー

2022年の最期のレースとなるのが、この東京湾アクアスロン大会です。

この大会、何と11月下旬の海を泳ぎます。

当日の海水温は15℃だったとのことです。

極寒レースの感想を綴っていきます。

大会概要

  • 大会概要
大会名第8回東京湾アクアスロン大会
開催地千葉市稲毛海浜公園
開催日2022年11月20日(日)
気温/水温13℃/15℃
  • 競技距離
ショートの部スイム:0.5㎞ ラン:5㎞
ロングの部スイム:1.5㎞ ラン:10㎞
リレーの部スイム:1.5㎞ ラン:10㎞
スイムの部スイム:1.5㎞ ラン:なし

水温15℃で極寒コンディションのため、低体温症の危険があるとのことで、競技距離が変更されました。

  • 競技距離(変更後)
ショートの部スイム:0.45㎞ ラン:5㎞ 
ロングの部スイム:0.9㎞ ラン:10㎞
リレーの部スイム:0.9㎞ ラン:10㎞
スイムの部スイム:0.9㎞ ラン:なし

スイムの距離が短くなりました。

競技会場

会場

千葉市稲毛海浜公園

千葉シティトライアスロン大会の会場にもなっています。

京葉工業地帯が近くにあります。

写真にも、工場地帯や輸送船が映っていますね。

レース開始まで

前日にプログラムを再確認

8:00~9:30   
選手登録受付

9:10~9:20   
ビーチクリーン活動

9:30~      
競技説明

10:00~     
ショートの部スタート

11:00~     
ロング・リレー・スイムの部スタート

一人晩酌をして、12時ごろ就寝。

7時ごろ起床。

9時40分ごろに会場である稲毛海浜公園に到着しました。

11時スタートかぁ、余裕!

到着時には、既に競技説明会が行われていました。

競技説明会

季節が季節なだけに、参加者が少ない印象です。

ここである事実が判明…

低体温症の危険があるためスイムの距離変更

ショートの部・ロングの部・スイムの部・リレーの部、一斉スタート

10時20分スタートで予定より40分繰り上げ

まじか!?

着替えなどを急いで済ませ、準備を終えたらすぐに召集でした。

慌ただしかったです。

遅れて行ったのがいけないんですけどね。

試泳もできず、不安が残りつつのスタートでした。

レースの様子

スイム

スイム会場

水温が低いため、2周回0.9kmに変更です。

海が冷てえええええええ

覚悟はしてましたが、冷たいです。
11月の下旬の海は、当然の如く冷たいです。

水温は何度だったんでしょうか?(15℃だったそうです
体感的に17℃前後に感じました。
※サウナによくある水風呂は平均17℃前後だそうです

ウエットスーツを着ている部分は大丈夫なのですが、指先や顔がやばかったです。
リタイアしてる人も見かけました。

試泳をやっていなかったんで、スイムのスタート直後はしんどかったです。
過呼吸気味で泳いでいました、、

2週目となると、だいぶ呼吸も落ち着いてきて、楽に泳げました。

2周でよかった!助かった!

スイム 20分44秒

トランジション

トランジションエリア

指先の感覚が寒さのために弱まっていました。

ウエットスーツは踏み付けながらテキパキ脱げたんですが、服がなかなか着れませんでした。

というのも、寒いのを見越して長袖にしたんです。

ちゃんと体を拭かずに着ようとしたもんですから、服が体にへばり付き、モゾモゾしているうちに、安全ピンで留めていたゼッケンが破れて取れてしまう始末。

寒さでかじかんだ手では、なかなか安全ピンでゼッケンを付けられず、、、

非常にモタモタしたトランジションでした。

ラン

2.5km4周回コース。
走りやすかったです。

一回も水分補給をしませんでしたが、足を攣ることもなく、気持ち良く最後まで走ることができました。

ランは、寒い方が得意です。

しかし、相変わらずのトレーニング不足。
抜かれまくりました。

トレーニングしろよ!おれ!

ラン 54分53秒
※トランジション含む

総タイム

総タイム:1時間15分36秒(15位/完走者23人中)

23人中15位…
ショボイ記録ですが、

19~29歳の年代別順位
3位/6人中

まさかの入賞です

これだから、アクアスロンは、おもしろいです。

トライアスロンよりもマイナーで、かつ、エイジ制が取り入れられている。
ライバルが絞られて、趣味アスリートでも入賞を狙うことができる。

アクアスロンは、マジでおすすめのスポーツです。

3位は3位ですから!

スイムのタイムは、年代別で1位だったんです…
ランもちゃんとトレーニングしておけば年代別1位になれたのに…

こんな言い訳は、誰だって言えます…

トレーニングしていない自分が悪い

まちがいない。

感想

5年前ぐらいのローカルなアクアスロン大会を思い出しました。
それくらい人が少なかったです。
しかし、だからこそ、アクアスロンの楽しさを味わうことができたレースでした。

それにしても、海水温15℃を経験することができて良かったです。

水温15℃について備忘録として、まとめておきます。

室内プールの水温→30℃前後
水風呂→17℃前後

水温20℃以上の競技ではウェットスーツの着用は不可。
水温20℃未満の競技では男女ともウェットスーツの着用が可能で、18℃未満の場合ウェットスーツを着用しなければならない。
競技が実施できる水温は16℃以上31℃以下と規定されている

オープンウォータースイミング(Wikipedia)

競技可能なギリギリのラインだったようです。実はアウト?

海水温15℃の感想としては、こんな感じです。

  • 呼吸が過呼吸気味になる(心臓がびっくり)
  • ウエットスーツの露出部分がヤバい(主に顔と手)
  • 泳いでも1㎞ぐらいが限界(自分の場合)
  • 軽度の低体温症(さむけ・皮膚感覚麻痺・手の動きが鈍くなる等)
  • 楽しい(自然の中でスポーツしてる感)

素晴らしい経験をすることができました。

以下、日本国際オープンウォータースイミング協会による大会報告です。

最高でした!ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました