Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【11月編】

仕事(副業)

トライアスロンを趣味としている私が、Uber Eats(ウーバーイーツ)に1日取り組むと一体いくら稼ぐことができるのか。
今回は、11月を検証します。
毎月行って、それぞれの月でどれくらい稼げるのか、比較できるようにしたいと思っています。

ルール

月ごとの稼ぎやすさを公平かつ分かりやすくするために以下の条件で行います。

休日であること

雨が降っていないこと

10:00~14:00の4時間、16:00~20:00の4時間の合計8時間で行う

時間を超えても最後の配達が完了するまで行ってよい

主に東京都武蔵野市で行う(吉祥寺周辺)

トイレ休憩等も含む(食事はしない)

ブーストは含む(需要に応じて変動)

ピーク料金は含む(需要に応じて変動)

クエストは含まない(Uber Eats 本社が勝手に報酬を決めるため)

チップは含まない(運の要素が大きいため)

当日の気象

実施日2022年11月12日(土)
天気晴れ
非常に弱い
最高気温22℃
最低気温13℃

結果

ルールに適用した結果、5,112円となりました。

※7112(総額)-2000(クエスト)-0(チップ)=5112

稼いだ金額5,112円
配達件数15件
走行距離65㎞
実際の時間8時間5分
報酬

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります

過去最低額です。

詳しい情報

全然リクエストが入りませんでした。

理由の一つに、Uber Eats 配達の仕様変更があるでしょう。

複数の店舗から配達依頼を受けることが可能になります。
(中略)
Uber Eats では、2022年11月10日より複数の店舗(最大2店舗)から配達依頼を同時に受け取ることが可能になる配達機能を一部地域(順次日本全国に拡大する予定です。)に導入いたします。

引用元:Uber Eats(ウーバーイーツ)

つまり、今までは、

配達①

1店舗で、ピックアップ。それを注文者に配達。
もしくは、
1店舗で、2件分ピックアップ、それを注文者①、注文者②に配達。

だったのが、

2022年11月10日から、

配達②

店舗①→店舗②→注文者①→注文者②

というように、2店舗をはしごしてピックアップができるようになりました

この、はしご案件、かなりの高確率で依頼が来ます。

配達件数を稼ぐことができる
→2件のリクエストが高頻度で依頼されるから

リクエストの頻度が減る
→他の配達パートナーも1度で2件分を運ぶから
行く場所が増える

→店舗2件、注文者2件、計4件に行かなければならない
荷物が増える

→ピックアップ件数が増えるから
配達完了に時間がかかる

→行く場所が増えるから

今回の仕様変更、

本部にとっては、メリットが大きそうですが、配達パートナーと注文者にとっては、あまりメリットがありません。(むしろデメリットばかり)

Uber Eats は個人事業主という扱いですが、本部の方針の影響をもろに受けます。

今回の時給換算…889円
※7112÷8=889

うわっ!私の報酬、少なすぎ…

フードデリバリー業界の未来は暗いかもしれませんね。

感想

私は、自転車が好きで、趣味がトライアスロンで、気分転換&運動としてフードデリバリーをやっています。

11月は、とても涼しくて、自転車を漕いでいて気持ちよかったです。

夜の街並みは、すっかり冬仕様になっています。
吉祥寺周辺では、至る所に電飾がされています。

吉祥寺

季節の移ろいを直で感じることのできる副業です。

東京の夜は、明るいですね。

ベンチもたくさんあるので、読書もはかどりました。

しかし、

フードデリバリーの副業は、お金を稼ぐことには適さないでしょう。
あまり稼げる副業ではないからです。

フードデリバリーは、楽しみながら、のんびりと働くことのできる副業です。
人を選ぶ仕事ですね。

関連記事

【最強の副業】トライアスロン×Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【6月編】

Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【7月編】

Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【8月編】

Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【9月編】

Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【10月編】

Uber Eats(ウーバーイーツ)1日でいくら稼げるのか?【11月編】

タイトルとURLをコピーしました